好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調作品88
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第10番,第3番
ジョージ・セル指揮/クリーヴランド管弦楽団
録音:1970年4月
TOCE-14012 (P)2007 EMIミュージック・ジャパン (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
言わずと知れた名盤中の名盤。と言いつつ,私は初めて聴くのでした。LPレコードの時代から聴いていたのはCBSソニー盤の方で,こちらの評判を聞きつつ,EMIの録音はなぁ...と手が出せずにいましたが,やっと手にしました。

で,その録音ですが,やっぱりEMIらしい音作りは気に入らないのですが,しかし,生録っぽい雰囲気が結構良かったりします。そして弦楽器主体にその鳴りっぷりを結構質感よく捉えているので,むしろ印象は良い方に傾きます。音楽が目一杯詰まっているような密度感もあります。EMIとしてはかなり良好と言えます。

私としては不満もありつつもこれなら十分我慢できる範囲です。こんなことならもっと早く手に入れるんだった...

タグ : [交響曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/506-af826179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ