好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
チャイコフスキー:後期交響曲集
カール・ベーム指揮/ロンドン交響楽団
1977年12月(第4番),1978年12月(第6番) ロンドン,ウォルサムストウ・タウンホール,1980年5月(第5番) ロンドン,聖ヨハネ教会
UCCG-4161/2 (P)1978,1979,1981 Deutsche Grammophon (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
ベームのチャイコフスキーというのが全く想像できなかったのですが,HMV Onlineの紹介やレビューにもある通り,ドイツ的な重厚さを持ったチャイコフスキーというのに同意です。しかし,それでいてどこか穏やかでもある(チャイコフスキーなのに!)。第5番の終楽章など,これは田園交響曲なのか?と思ってしまいました(もっともこんな感想を持つのは私ぐらいかもしれません(^^;)。とはいえ,急にテンポが変わったりして戸惑うようなところがあるものの,概ねオーソドックスで普通に楽しめます。

録音もこの時期のドイツ・グラモフォンらしい,無駄がなく明快で聴きやすいものです。何度も書いているかもしれませんが,私はこういう録音は好きですね。最近こういう録音があまりないのは残念なことです。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/523-2cb7d4ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ