好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第12番Op.127,第14番Op.131
ブレンターノ弦楽四重奏団
24-27/10/2010, Richardson Auditorium, Princeton University.
AECD 1110 (P)(C)2011 aeon (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
ブレンターノ弦楽四重奏団という団体は名前すら聞いたことがありませんでしたが,HMV Onlineの解説によると,「ブレンターノ弦楽四重奏団といえば、1992年のデビュー早々から破竹の勢いで東海岸のシーンを席巻、クリーヴランド弦楽四重奏賞をはじめいくつかの賞をさらった...」とかなり以前から活躍している気鋭の四重奏団とのことです。力強く気合いの入った音楽ながら,全体の印象はスマートでどちらかといえば軽い(悪い意味ではないです),現代的な演奏という印象を受けました。音楽がくっきりと浮かび上がってきているからかもしれません。

録音ですが,若干残響のまとわりつきが気になりますが,個々の楽器の音は明瞭で印象は悪くありません。もう少し直接音比率を上げて明瞭度と鮮明さを出して欲しいとは思いますが。惜しいと思います。

演奏が思いのほか良かったので,今後の録音にも期待したいと思います。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/567-d489ddb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ