好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
ベートーヴェン:初期弦楽四重奏曲集
録音:1926~1935年
SAN-1551-52 東芝EMI株式会社(新星堂企画盤)
参考: 新星堂
cover picture
ベートーヴェン:中期弦楽四重奏曲集
録音:1926~1938年
SAN-1553-55 東芝EMI株式会社(新星堂企画盤)
参考: 新星堂
cover picture
ベートーヴェン:後期弦楽四重奏曲集
録音:1926~1936年
SAN-1556-58 東芝EMI株式会社(新星堂企画盤)
参考: 新星堂
レナー弦楽四重奏団 Léner String Quartet

新星堂の企画盤でSP盤からの復刻です。盤質にはかなりばらつきがあり,後期の作品127や作品130はかなり聴き苦しいです。一方でノイズ除去?が上手くいっている曲もあり,作品131などはずっと聴きやすく鑑賞にはほとんど支障がありません。とはいえ,全体としてはやはりSP盤復刻クオリティであり,好録音云々が到底言えるものではありません。

しかし,これが80年も昔の録音かと思うと,このクオリティで残っていることに本当に驚きます。当時のベートーヴェン演奏を垣間見ることができる貴重な記録ですね。意外に今でも全く遜色なく通用するところもありますし,いかにも古臭かったり安定感がなかったりするところもあり,演奏の質もばらつきが大きいように思います。

というようなものなのでお薦めはしませんが,物好きの方がこういうものだとわかって聴く分にはなかなか面白いと思います。

初期と中期はまだ入手可能のようですが,後期はもう在庫切れのようです。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/570-e536a4ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ