好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
シューベルト:交響曲第9番ハ長調D944「ザ・グレイト」
ジェームズ・レヴァイン指揮/シカゴ交響楽団
Chicago, Orchestra Hall, 7/1983
429 983-2 (P)1984 Polydor International (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Amazon.co.jp
これはレヴァインらしい明るく明快で力強い演奏ですねぇ。シューベルト特有のどこか病的な陰影がほとんど感じられません。ブロムシュテットやアバドの演奏とはまた違う魅力があります。

録音がこれまたなかなか良いですねぇ。残響も適正量に抑えられ,比較的すっきりとバランス良く捉えられています。低域の量はそれほど多くありませんが,引き締まっています。突出したところはありませんが,欠点の極めて少ない良好な録音と言えると思います。

レヴァインの録音は,好録音と言えるものが多いですが,これもその一つに入ると思います。このディスクは現在は廃盤のようで入手性が良くないのが残念です。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/585-ec066b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ