好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
クリストファー・コスタンツァ Christopher Costanza
The Banff Centre, Banff, Alberta: November 17-18, 2008(Suites 1-3) and November 21-23, 2010(Suites 4-6)
(C)2012 Christopher Costanza (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: Amazon.co.jp
CD試聴記」からの転載記事です。

モダン楽器による演奏で力強く意欲で満ち溌剌としています。正攻法の演奏で明るく開放感のある伸びやかな表現がなかなか良いです。演奏者自身が楽しんで弾いているのが伝わってきます。技術的にも安定感があります。

録音ですが,比較的マイクポイントが近く,指板を叩く音が入るほどしっかりと楽器音を捉えています。残響感はあまりないのですが,部屋の響きの影響か,音色はややくすんでいてすっきりしません。楽器の捉え方は基本的には良いのですが,収録場所が良くないようにも思います。惜しいです。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/606-6c135072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ