好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
Works for Violin Solo
ペク・ジュヤン Ju-Young Beak
2010年3月15-18日 富山・北アルプス文化センター
EXTON OVCL-00429 (P)(C)2012 Octavia Records Inc. (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineAmazon.co.jpTower Records
収録曲は次の通りです。
  • ユン・イサン:庭園のリーナ
  • シュニトケ:ア・パガニーニ
  • バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ
  • バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番

バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番のみのコメントです。「CD試聴記」から転載します。

謙虚で控えめであり,欠点のほとんどない教科書的に整った演奏です。 面白味に欠けると思う方も思うかもしれませんが,私はこれはこれで良い演奏だと思います。 確かに今後の成長に期待!というところはありますが。

録音ですが,残響が少しありますが,楽器音とは比較的分離して聴こえるため,影響は少なめです。 このため明瞭感も高く,音色も自然でまずまず良好というところです。 私としてはもう一歩寄ってさらに質感を高めに捉えて欲しかったという気はしますが。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/614-9ab58067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ