好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番,他
スザンナ・ヨーコ・ヘンケル Susanna Yoko Henkel (Violin)
September 19-23, 2000 at the church in Berge, Germany
288698 (C)2000 (P)2012 The Spot Records (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jp(MP3)Tower Records
CD試聴記」からの転載記事です。カップリング曲は,イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番,バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ,ユン・イサン:ヴァイオリン独奏のための「王の主題」です。

ヴィブラートを強めにかけ,速めのテンポで躍動的に音楽が進行していくのが気持ちの良い演奏です。 モダン楽器らしい洗練された美しさがあります。 技術的にもキレがあります。 上手いです。

録音ですが,教会での録音でやや残響のまとわりつきが気になります。 マイク位置は比較的近いので楽器の質感はそこそこ感じられますが, 残響のために明瞭感が落ち,音色もすっきりしないのが残念です。

なお,ヘンケル氏はこの4年後の2004年に全集を録音しています(→CD試聴記)。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/636-3e313254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ