好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
マーラー:交響曲第6番「悲劇的」
マリス・ヤンソンス指揮/ロンドン交響楽団
2002年11月 ロンドン,バービカン・センター
LSO0038 (P)(C)2003 London Symphony Orchestra (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
マーラーはまだまだよくわからないので録音のみコメントします(^^;。

ロンドン交響楽団の自主制作 LSO Liveのシリーズは,指揮者によらず,デッドでドライな録音が多いという印象で(たとえばハイティンクのベートーヴェン交響曲全集),このディスクも例外ではありません。各楽器の分離が良く曲の内部構造をえぐるように明瞭に聴こえてくるのが良い点ですが,潤いに欠け,高域が詰まったように聴こえるというこのシリーズの欠点も持ち合わせています。低域の伸びと締まり具合は良好,あとは高域をヌケ良くスカッとする音で録ってくれていれば文句なしなのですが。とはいえ,基本的には私の好みの録音なので四つ星半とします。本当に惜しいですねぇ,これは。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/654-489b90d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ