好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
シューベルト:交響曲第9番ハ長調「ザ・グレイト」
ブルーノ・ワルター指揮/コロムビア交響楽団
Recorded at American Legion Hall, Hollywood, California, 1959
MBK 44828 (C)1988 CBS Records Inc. (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
雄大でおおらか,細部にこだわらないのびのびした音楽が良いですね。最近の演奏ではなかなか聴くことの出来ない良さがあります。

ワルター/コロムビア交響楽団の演奏は,今までにベートーヴェン交響曲全集やブラームス交響曲全集を取り上げてきましたが,いずれも好録音でした。この録音も同様に個々の楽器の質感を分離良くうまく捉えた好録音なのですが,いかんせんこの録音に関してはやや古さが先に立って少し印象が落ちます。1959年の録音なので仕方ありませんが,ベートーヴェンやブラームスが同年代であることを思うと,少し残念に思います。

タグ : [交響曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/655-b4bed693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ