好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
マーラー:交響曲第9番
カレル・アンチェル指揮/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
Recorded at the Dvorak Hall of Rundolfinum, Prague, from 7 to 9 and on 12 and 15 April, 1966
SU 1954-2 011 (P)1966 Supraphon Records (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
アンチェルのディスクは,今までにドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」ブラームスの交響曲第1番,交響曲第2番を取り上げてきました。古い録音ですが,残響を取り入れながらも楽器の質感を明瞭に捉えた好録音でした。

このマーラーも例外ではなく,各楽器を自然に,すっきりと明瞭に捉えた好録音です。低域は少し弱めですが,かといって足りないというほどでもありません。私には映画音楽のようなそんなサウンドに聴こえます。このアンチェルのマーラーは名演として名高いですが,この好録音が支えている部分も大きいのではないかと思っています。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/711-db01daa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ