好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
ブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68
May 1975, München, Bürger Bräukeller
JM-XR24212 (P)1975 ARTS Productions (C)2009 Victor Creative Media (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
cover picture
ブラームス:交響曲第2番ニ長調作品73
12-13, 15 December 1975, München, Bürger Bräukeller
JM-XR24213 (P)1976 ARTS Productions (C)2009 Victor Creative Media (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
cover picture
ブラームス:交響曲第3番ヘ長調作品90
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲作品56a
13, 15 November 1975, München, Bürger Bräukeller
JM-XR24214 (P)1976 ARTS Productions (C)2009 Victor Creative Media (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
cover picture
ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98
14-16 November 1974, München, Bürger Bräukeller
JM-XR24215 (P)1975 ARTS Productions (C)2009 Victor Creative Media (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
ルドルフ・ケンペ指揮 Rudolf Kempe
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 Münchner Philharmoniker

質実剛健のブラームス。オーソドックスで緻密に,そして無駄なく引き締まった音楽に仕上げています。これぞドイツの正統的演奏ですね。

そして,この録音がまた素晴らしい。同じ演奏ではないかと思われる輸入盤(ARTSレーベルのもの※1)も持っているのですが,明らかにこちらの方が鮮度が高いです。『このXRCDはLPレコード用に当時BASFから日本に送られた音源をリマスタリングしたものです。』と解説書にあり,このマスターテープの保存状態が良かったのか,XRCDの効果なのかはわかりませんが,この鮮度の高さは目を見張るものがあります。音質バランスの良さ,質感も文句ありません。望みうる最高の状態で復刻されたと思います。オリジナルの録音自体の音の捉え方が良いので,このXRCDによる復刻も活きているのだと思います。

第1番から第3番は第1楽章の提示部のリピートが省略されています。これは残念でなりませんが,仕方ないですね。

値段が高いのと,輸入盤※1の音質が今ひとつ冴えなかったので長い間買うのを躊躇していました。これは買って正解でした。

第1番 13:33/8:52/4:50/16:15 計43:33 提示部リピートなし
第2番 16:04/9:33/5:11/9:02 計39:54 提示部リピートなし
第3番 9:35/8:06/6:03/8:54 計32:38 提示部リピートなし
第4番 12:24/11:09/6:38/9:42 計39:57

※1 ARTSレーベルの輸入盤→Amazon.co.jp(No.1 & No.3No.2 & No.4
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/721-165b2672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ