好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番Sz.117
潮田益子 Masuko Ushioda, Violin
森正指揮/日本フィルハーモニー交響楽団
1968年3月26日-28日 杉並公会堂
COCQ-84494 (P)2008 Columbia Music Engtertainment (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records

潮田益子さんは先日2013年5月29日に死去されました。ご冥福をお祈りいたします。

これは潮田さんが第3位に入賞した第3回チャイコフスキーコンクールのおよそ2年後の録音です。若々しくエネルギッシュで迫力満点です。すこし粗削りなところはありますが,またそれが欠点とならず魅力に結びついています。チャイコフスキーは第1楽章で現代では考えられない大胆なカットがあります。時代を感じさせますね。

録音ですが,この時代の録音としては相当いいです。残響を抑えソロをストレートに捉えているほか,オーケストラを含め明瞭でキレのある締まった音で録っています。古い録音なので少し木目の粗さと音色の古さはあるものの,鑑賞には全く支障がありません。

素晴らしい演奏が好録音で残されたことに感謝します。

なお,このディスクは読者の方からご紹介いただいたものです。有り難うございました。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/732-7c903e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ