好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
sennheiser_momentum_01.jpg
ヘッドホン Sennheiser Momentum

ケーブル1.4m,片出し,プラグストレート着脱式,18Ω
標準プラグアダプター付属
Apple用マイク付きリモコンケーブル付属
参考: SennheiserAmazon.co.jp

#一度書いた記事をいったん取り下げました。普通ならあり得ない間違いをしていたからです。このヘッドホン,耳覆い型と書いていましたが,実は耳載せ型でした。おかしいと思ったんです。こんなに装着感がわるい耳覆い型があるんだろうかと...私もヘッドホンはそれなりに経験を積んできているのですが,こんな間違いを犯すとはお恥ずかしい限りです。で,気を取り直して再評価,記事を書き直しました。


価格帯はAmperiorと同じくらいの密閉型ヘッドホン。Amperiorと比べてイヤーパッドの大きさがかなり大きいのですが,同じ耳載せ型です。レトロな感じのデザインが私としてはあまり好きではないのですが,評判のヘッドホンですので試してみることにしました。AmperiorやHD25は側圧が強くて耳が痛くなるので,イヤーパッドの大きいMomentumなら多少は耳への負担が少ないかもしれないという期待もありました。

イヤーパッドは分厚くて弾力があります。表面の皮の素材はそれなりの厚みがあって良いのですが,パッドは少し柔らかめですぐへたりそうな感じがして,もう少し固めの方が良いかなと思ったりもします。耳載せ型としてはイヤーパッドは大きめで,耳全体を押しつける感じになります。側圧がそこそこ高いので結構耳が痛くなります。慣れるまでには少し時間がかかりそうです。

ケーブルは通常のものと,Apple製品向けのマイク内蔵リモコン付属のものの2本が付いていて,用途に応じて着脱できるようになっています。小さい方のプラグがヘッドホン側に付きます。差し込んだ後,1/4ほど回して固定するようになっていますので,不用意に外れることはなさそうです。機器側のプラグはストレートです。

sennheiser_momentum_cable_3.jpg


Apple用は機器側のプラグ部分が可動式でストレートでもL字型としても使えるようになっています。通常ケーブルもそうしておいて欲しかったものです。途中にマイク内蔵のリモコンが付いています。

ポータブルで使用することが前提だからかもしれませんが,このクラスのヘッドホンとしてはちょっとケーブルが細くて貧弱かなと思います。

sennheiser_momentum_cable_4.jpg


sennheiser_momentum_case_2.jpg
肝心の音質ですが,ゼンハイザーらしい素直でフラットな印象ですが,Amperiorに比べると中低域が分厚く量感があり,重心のかなり低い音になります。中低域の響きがやや高域に被ってきて少し曇らせている感じがします。空間性もそれなりに感じられ閉塞感はそれほど大きくありません。密閉型独特の箱鳴り感はごくわずかにありますが,ほとんど気になりません。解像感の高い音作りはさすがゼンハイザーと言えます。

私としては,もう少し低域を締めて高域への影響を下げてすっきりさせて欲しいと思うのですが,これくらい低域の量感がないと一般的には受けないのかもしれません。(逆に,Amperiorの帯域バランス,低域の締まりがいかに絶妙にチューニングされているかを再認識する結果となりました)

このヘッドホンにはハードケースが付いていますが,正直言ってこれはいりません...邪魔です。ポーチの方が使いやすくて良いんですけどね。


sennheiser_momentum_02.jpg

タグ : [ヘッドホン]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/739-0dfd7c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ