好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
colin_carr_bach_cello_suites.jpg
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲
コーリン・カー Colin Carr (Cello)
Recorded live at Wigmore Hall, London, on 5 May 2012
WHLive0060/2 (P)(C)2013 The Wigmore Hall Trust (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
CD試聴記」からの転載記事です。

至ってオーソドックス。 力を抜いて軽く流すような自然体の演奏であり,微妙な陰影によってニュアンス豊かに仕上げています。 緩急強弱も自然な呼吸感に沿って付けられているため,違和感がありません。 やや地味な印象を受けるのですが,聴くほどに味わい深さが増してくる好演奏です。

録音はライヴで,楽器音が主体ですが,少し距離があるのか,鮮度や質感はやや失われ気味で,高域のヌケも今ひとつ, すっきりしない録音です。 惜しいです。

カー氏2回目の全集録音と思われます(→1回目)。 1回目もライヴでした。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/761-445d0442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ