好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
toppan_hall_ensemble_bach_goldberg_variations.jpg
バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV988(弦楽三重奏版)
シューマン:ピアノ四重奏曲変ホ長調作品47
日下紗矢子(Vn),赤坂智子(Va),石坂団十郎(Vc),北村朋幹(P)
2013年1月16日 トッパンホール(東京)におけるライヴ収録
DENON COCQ-85025 (P)2013 NIPPON COLUMBIA (国内盤)
好録音度:★★★☆
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
トッパンホールのプロデューサーがプログラムに沿ってメンバーを決めて編成されるトッパンホールアンサンブルによる8回目の演奏会を収録したものとのことです。ゴルトベルク変奏曲はお馴染みのシトコヴェツキー編曲版です。ゴルトベルク変奏曲のみコメントします。

で,このディスクを聴いて今とてもがっかりしています。リピートの省略がとても多いのです。リピートされているのは30の変奏曲のうち7曲しかありません。演奏時間はそれでも50分に及びますが...

今までいくつかの演奏でも述べてきましたが,ここまでリピートが省略されると,私にとってはこの曲を楽しむための基本的なスペックを満たしていないと言わざるをえません。リピート省略に目を瞑れば明るく快活で,そして歌心に富む良い演奏だと思うだけに,非常に残念です。

作曲家が明確にリピートの指示を楽譜に記しているのに,なんでこんな簡単にその作曲者の指示を無視できるのか,不思議でなりません。音楽的に意味があるからこそ作曲家はリピートを指示しているのであって,リピート遵守は曲の解釈以前の話だと思うのですが。さらにこのリピートの省略を問題視する人が評論家をはじめ,全くいないのも不思議です。そんなにどうでも良いことなんですかね?

まあ,リピート省略に関してはこの演奏に限った話ではないのですが...

さて録音ですが,残響感はそれほどないのですが,ホールの比較的初期の反射音の被りがあるようで,楽器の音色がくすんで透明感がありません。ホールの雰囲気はあるものの,それはこのくすんだ音色によるもので,空間性を感じさせるようなものではありません(実際,あまりステレオ感がないように思います)。響きの取り込みが音楽的にもオーディオ的にもプラスに働いていません。

辛口コメントになってしまいました...すみません。

タグ : [室内楽曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/768-15463165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ