好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
skrowaczewski_saarbrucken_radio_so_beethoven_complete_symphonies.jpg
ベートーヴェン:交響曲全集
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮
ザールブリュッケン放送交響楽団
2005-2006年 Großer Sandesaal des SR/Kongresshalle Saabrücken
OC 526 (P)2005/2006 (C)2012 OehmsClassics (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考: HMV OnlineiconAmazon.co.jpTower Records
これは質実剛健のベートーヴェンですなぁ。オーソドックスながら速めのテンポで推進力があり,躍動感に満ちています。こういうのが良いんですよね。オーケストラがちょっと弱い気がしますが,ご愛敬ということで。この演奏ではこの点はあまり問題ではありません。

録音ですが,残響を多めに取り入れつつも,各楽器が比較的分離良く,良い質感で聴こえますので,印象はかなり良いです。ただし少し遠めです。私としてはもっと寄って残響を抑えて鮮明に捉えて欲しかったのですが,残響が多い割にはまあ良いと思います。残響が許せるなら好録音と言えると思います。

全体として,期待を上回る良い全集でした。

タグ : [交響曲]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/771-1e2724e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ