好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
yuki_kurashima_chopin_etudes.jpg
ショパン:練習曲集
蔵島由貴 Yuki Kurashima (Piano)
2013年3月6-8日 埼玉・三芳町文化会館(コピスみよし)
TRITON OVCT-00097 (P)(C)Octavia Records Inc. (国内盤)
好録音度:★★★★
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
練習曲集作品10,作品25および3つの新しい練習曲を収録しています。曲を変にいじくり回すことなく極めて真摯に素直に,そして力強く堂々と表現されていると思います。テクニックも万全で不安は全くありません。どこかポリーニの演奏に通ずるところがあるように思います(私だけでしょうか?)。そういうこともあって,この演奏はとてもすんなりと耳に入ってきます。久しぶりに私好みの演奏に出会いました。

録音ですが,残響感はほとんどなくピアノの音を真正面からしっかりと捉えていてパッと聴いた感じではまずまずの印象なのですが,実はホールトーンが結構乗っていて音色がくすみ,ぼやけて透明感と輝きを失い,ガチャガチャとうるさい音色になってしまっているように感じます。おそらく制作者としては狙い通りで,客観的には決して悪い録音ではないとは思うのですが,私の聴きたいピアノの音,好録音とは少し方向性が違っています。演奏が素晴らしいだけに私としてはちょっと残念です。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/783-1789e984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ