好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
quatuor_ysaye_beethoven_string_quartets_op18-3_op74_op135.jpg
ベートーヴェン:弦楽四重奏曲作品18-3, 74, 135
イザイ四重奏団 Quatuor Ysaÿe
2008年3月-4月 パリ,オルセー美術館オーディトリウム
YR510 (P)2008 (C)2012 YSAŸE RECORDS (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ライヴ録音で演奏後の拍手も収録されています。ライヴならではの気迫のこもった,そして,勢いのあるキレの良い演奏が素晴らしいです。今のところベートーヴェンはこのディスクしかないようなのですが,他の曲も聴いてみたくなります。

録音なのですが,残響はほとんどなく,それぞれの楽器を適度な距離感で明瞭に捉えていて,この点ではすごく良いと思うのですが,なぜか弱音も含めて歪みっぽく締め付けられるような感じがします。リニアリティが悪いのでしょうか,何となく濁っていて音に伸びもなく,この点で印象が悪くなっています。生々しくリアリティのある良い音の捉え方をしているだけに,このオーディオ品質の悪さは残念です。

このシリーズが続くならぜひ録音機材を見直して欲しいと思います。このクオリティではせっかくの素晴らしい演奏がもったいないことになってしまいます。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/790-daf8eaf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ