好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture (a) cover picture (b)

バッハ:平均律クラヴィーア曲集
(a) 第一巻 BWV846-869 (TACET 93)(録音 Frankfurt/Main, 1998-99)
(b) 第二巻 BWV870-893 (TACET 104)(録音 Frankfurt/Main, 2001)
エフゲニー・コロリオフ(Evgeni Koroliov)(Piano)
(P)(C)2000,2002 TACET (輸入盤)
好録音度:★★★☆
参考url: HMV Online (a)icon,(b)icon

「平均律」と日本語訳されていますが,オクターブを対数等分割したいわゆる現代の「平均律」ではなく,「ほどよく調律された」別の調律法のことであることを,恥ずかしながらつい最近知りました(なるほど,確かに原題は「平均律」とは書いていないですね...)。バッハの平均律,最初は面白さがわからなかったのですが,最近になって少しだけその楽しさがわかってきた気がします。こういう音楽に面白味を感じてきた自分がちょっとうれしかったりします(^^;。

平均律クラヴィーア曲集はグールドの第一巻を持っていただけで,それもあまり聴いてこなかったので,自分にとってまだまだ馴染みのない曲集です。演奏の善し悪しなどまだまだわかりませんが,コロリオフ氏の演奏は至極真っ当で癖がない印象で安心して聴けます。平均律は当面この1セットがあれば私としては十分という感じです。

録音はまずまず良好ですが,もう少し輪郭をはっきりとクリアーに捉えて欲しかったなと思います。このCDも優秀録音とのもっぱらの評判のようですが,私の好みとはちょっと異なります。TACETの録音のコンセプトは基本的には私には合わないようです。

(Side Bからの移行記事)[バッハ][器楽曲][ピアノ]
この記事へのコメント
平均律クラヴィーア曲集のことなら私のウェブページ「聖律の音楽」「楽律の音楽」をご訪問ください。「平均律とは」との意識を持たれたようですが、グールド、リヒテル、ヴァルヒャと名演奏かは皆、平均律で調律されたピアノや、チェンバロで演奏しています。音源から周波数解析して確認しています。
2014/02/01(土) 11:28 | URL | 藤田伊織 #195Lvy4Y[ 編集]
コメントをいただき有り難うございます。それにしてもすごい膨大な情報量のページですね。じっくりと拝見させていただこうと思います。
2014/02/01(土) 23:58 | URL | T.S. #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/84-273f7492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ