好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
immerseel_beths_beethoven_piano_concerto_5_violin_concerto.jpg
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73「皇帝」
ヴェラ・ベス(Violin),ヨス・ファン・インマゼール(Fortepiano)
ブルーノ・ヴァイル指揮/ターフェルムシーク・バロック管弦楽団
Kursaal, Bad Tolz, Germany, September 8-10, 1997
SK 63365 (P)(C)1998 Sony Music Entertainment Inc. (輸入盤)
好録音度:★★★★
参考(全集盤): Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon

ピリオド楽器が好きな方にはたまらない演奏なのかもしれません。しかし,私が苦手とするピリオド楽器演奏の典型例とも言えます。ノンビブラートの音色は澄んでいて美しいのですが弦楽器としての魅力が薄いですし,オーケストラは勢いと推進力には溢れますが,リズムが切り立ちすぎでガチャガチャとうるさく感じられます。ヴァイオリンのソロは強拍以外ののばす音や細かいパッセージが弱々しく聴き取りづらくもどかしいです。苦手なら聴くなよ!と言われればその通り! 失礼しました。

録音ですが,やや遠目の音像で間接音が主体,響きの被りが気になりますが,ピリオド楽器特有の透明感は何とか感じられます。ただ,楽器の質感が掴みづらく現実感が希薄です。直接音主体でもう少し各楽器の質感を強めに出してくれると良いのですが。

このディスクは1枚ものとしては廃盤ですが,ピアノ協奏曲全集を含む限定盤ボックスセットとして最近復刻されたようです。まだ入手可能ですね。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/881-980c0472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ