好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
schneiderhan_beethoven_violin_concerto.jpg
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61(*)
バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番
ヴォルフガング・シュナイダーハン Wolfgang Schneiderhan (Violin)
オイゲン・ヨッフム指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1959年4月29-30日 ベルリン イエス・キリスト教会(*)
1955年1月12-15日 ウィーン コンツェルトハウス・モーツァルトザール
PROC-1444 (P)1955,1959 Deutsche Grammophon (輸入盤)
Tower Records Vintage Collection +plus Vol.18 タワーレコード企画盤
好録音度:★★★★☆(*),★★★☆
参考: Tower Records

ここではベートーヴェンの協奏曲のみコメントします。

解説書によると,シュナイダーハンとヨッフムの顔合わせによるベートーヴェンの協奏曲は1962年録音のものが有名だが,これはその3年前に同じ顔合わせで録音されたもので,1959年8月にドイツで発売されて以来の初めての復刻ということです。カデンツァはベートーヴェン自身がピアノ協奏曲に編曲した際に書いたものをシュナイダーハン自身が編曲したものだそうです。演奏自体の素晴らしさに加えて,このカデンツァも聴き応えがあります。

このベートーヴェンは1959年の録音ですが最初期のステレオ録音とのことです。しかしこの録音には驚きました。ソロのヴァイオリンの音色がものすごく魅力的なのです。わずかに残響を伴っていますが楽器音への影響はほとんどなく,極めて明瞭で,極めてヌケの良い,まるですぐ近くで私のために弾いてくれているような音なのです。こんなに気持ちよくヴァイオリンの音色を楽しめる録音に出会ったのは久しぶりです。

オーディオ的には音が痩せ気味で中低域の厚みが不足し,粗さもありますが,1950年代という50年以上前の録音であるということを考えると十分に良好ですし,鑑賞に問題はありません。ただしこれはソロだけで,オーケストラの方は並で特筆すべきところはあまりありません。また,ホールで聴くような自然な音響では全くありませんのでこの点はご留意ください。

しかし! この録音には重大な問題があります。カデンツァになると,それまでの気持ちよい音色が一変して曇ってしまうので,おかしいと思って良く聴き直してみると,どうもカデンツァの部分だけ人工的に残響が加えられ,疑似ステレオ処理が強めにかけられているようなのです。当時制作されたマスターテープ自体にこのような処理が加えられてしまっていたのかは不明ですが,演奏家および音楽愛好家をナメた非常に頭にくる加工です(怒)。せっかくの透明感ある美音が台無しです。こういうことは本当にやめていただきたい。もし今回の復刻で手が加えられたのなら,無加工のもので出し直して欲しいものです。

なお,ステレオ録音との記載がありますが,確かに左右の音が若干異なるのですが,WaveSpectraというソフトでリサジュー波形を見る限りほぼモノラルに近いです。カデンツァの部分は左右の相関が明らかに低くなるのがリサジュー波形でもはっきりわかりますので,手が加えられているのは明白です。

こういう貴重な音源の復刻に力をいれているタワーレコードには本当に感謝するのですが,復刻の内容にも気を配っていただきたいと思います。
この記事へのコメント
発売後、すぐに購入しました。62年の演奏が好きでしたから、躊躇無く購入したのですが、私も一聴して擬似ステではないかと感じました。こうなるとモノラル・マスターで良かったのでは?そう思わざるを得ません。
2014/07/28(月) 10:37 | URL | Sugar #GE1Q478A[ 編集]
やっぱりそう思われますよね。古い録音はそのままの形で復刻するのが一番だと思います。1962年のものも聴いてみたくなりました。
2014/07/29(火) 01:41 | URL | T.S. #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/882-0a303f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ