好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
cover picture

バッハ:ヴァイオリン協奏曲集
ヴァイオリン協奏曲 イ短調 BWV1041
ヴァイオリン協奏曲 ホ長調 BWV1042
二つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043
サイモン・スタンデイジ(Simon Standage)(Violin)
トレヴァー・ピノック指揮(Trevor Pinnock)(Conductor)
イングリッシュ・コンサート(The English Concert)
1983年3月 ロンドン
ARCHIV POCA-2535(410 646-2) (P)1983 Polydor International GmbH (国内盤)
好録音度:★★★★

爽やかで気持ちの良い演奏です。やはりソロの線が細く弱いのですが,これが逆に軽やかさにつながっているのかなと。

録音もまずまず良いのですが,若干距離感があって鮮明さ,透明感はわずかに落ちているように思います。それでも,この頃のピノックの録音は好感が持てるのが多いと思える出来です。

このCDも残念ながら現在廃盤のようです。amazon.comのマーケットプレイスにはいくつか出ているようです。

(Side Bからの移行記事) [バッハ][協奏曲][ヴァイオリン]
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/91-2f0dc733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ