好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
joshua_bell_asmf_bach_violin_concertos.jpg
バッハ:ヴァイオリン協奏曲集
ジョシュア・ベル Joshua Bell (Violin)
アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
April 28 & 29, 2014, Air Studios, London, UK
88843087792 (P)(C)2014 Sony Music (輸入盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
ふふふっ...これは面白い録音ですねぇ。ソロのヴァイオリンだけ後で別のスタジオで録音して重ねたような感じがしますね。完全に浮いています。クラシックの録音で求められる自然さは全くありません。でも極めて明瞭で細部にわたって良く聴き取れますし,ソロを堪能するにはもってこいです。この録音,お薦めは出来ませんが私は結構好きです。オーケストラの方も人工的な残響感はあるものの,音は明瞭で曇りがなく聴きやすいです。

ベルの演奏もキレがあるととも表情豊かで遊び心もあって楽しめました。併録曲として,無伴奏ヴァイオリンのChaconneとGavotte en Rondeauのオーケストラ伴奏版,管弦楽組曲のAirが収められています。Chaconneは無理矢理伴奏を付けたようであまりしっくりきませんでした。

バッハのヴァイオリン協奏曲はバロック音楽の中でもモダン楽器奏者がよく録音してくれる貴重な楽曲で,良い演奏も多いのが嬉しいですね。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/938-8b8f82e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ