好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
iimori_jcso_brahms_complete_symphonies.jpg
ブラームス:交響曲全集
飯森範親指揮/日本センチュリー交響楽団
2014年4月17-19日 大阪 ザ・シンフォニーホール
Exton OVCL-00554 (P)(C)2014 Octavia Records (国内盤)
好録音度:★★★★☆
参考: Tower RecordsAmazon.co.jpHMV Onlineicon
正統路線を極めたような素晴らしい演奏ですね。頭の中で鳴り響く理想の姿が現実の音となって実現されたような,指揮者やオーケストラの存在感が希薄で純粋にブラームスの音楽だけがそこにあるような,そんなふうに私には聴こえます。聴き比べという観点ではあまり面白くないかもしれませんが,何度も聴きたくなるのは結局こういう演奏なのだと思います。期待を大きく上回る好演奏でした。オーケストラも上手く,コントロールも行き届き,音色の美しさも特筆できます。日本のオーケストラの水準の高さを改めて認識しました。

録音ですが,残響は結構あるのですが,直接音的な音の芯があり,また,楽器音の輪郭が比較的明瞭で,帯域バランス,音の伸びも悪くなく,残響が多いにもかかわらず印象の良い録音でした。もちろん残響が抑えられていればもっと良かったのに,と思いますが,これならまあ許容できます。

今後の録音にも大いに期待します。(録音はもう少し残響控えめでお願いしたいですが)

第1番 16:34/8:58/4:43/17:13 提示部リピートあり
第2番 21:03/9:36/5:22/9:25 提示部リピートあり
第3番 12:45/7:56/6:16/8:16 提示部リピートあり
第4番 12:53/10:43/6:18/10:05
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/950-26d441fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ