好録音探求

 『演奏者の存在を身近に感じられる録音』を求めて・・・
quatuor_cambini-paris_mozart_string_quartets_haydn_set.jpg
モーツァルト:弦楽四重奏曲集「ハイドン・セット」
カンビーニ・パリ四重奏団 Quatuor Cambini-Paris
2013/1 at the Théâtre Impérial de Compiègne, 2013/12 & 2014/1 at the Galerie dorée/Banque de France
AM213 (P)(C)2014 naïve/ambroisie (輸入盤)
好録音度:★★★★★
参考: Tower RecordsHMV OnlineiconAmazon.co.jp(MP3)
ピリオド楽器による演奏。カンビーニ・パリ四重奏団は2007年の結成で,結成からまだ日が浅いですが,メンバーは名だたる古楽の団体で活躍してきた強者揃いとのことです。チェロは日本人の酒井 敦氏が担当しています。

アクセントを微妙に抑制した柔らかで粘りのある音色に特徴があります。いかにもピリオド楽器らしいと言えます。豊潤でふくよかに,どちらかと言えばゆったりと音楽が流れていくのですが,アンサンブルがよく締まっているので沈滞することがありません。このあたりの上手さはさすが強者揃いというだけあります。おそらく全てのリピートを繰り返していて演奏時間が結構長いのですが(不協和音の第1楽章は15分を超える!),至福の時間があっという間に過ぎていく感じですね。後述する録音の良さも手伝って,ピリオド楽器が苦手な私でもこれは楽しめました。

そして,この録音がまた素晴らしいですね。残響は多めなのですが,それにも増して直接音がしっかりと捉えられているため,極めて明瞭に録られています。高域の伸びも申し分ありませんし,音色も自然,各楽器の分離感,立体感も良好です。かなりオンマイクのようで,演奏者の息づかいや演奏雑音なども聴こえてきますが,全く気になりません。音の捉え方がHi-Fi調でやや濃すぎるようにも思いますが,不明瞭になったり残響にまみれたりするよりずっと良いです。好録音であると同時に,優秀録音としても通用するのではないでしょうか。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://dominant7th.blog83.fc2.com/tb.php/988-f32c8063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 Copyright © 好録音探求 All rights reserved. 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ